井戸水を活性炭に通す意味について過去の歴史や浄水場での水処理から考える

今回は、水道の歴史からどのように水処理が行われていったのか解説し、現在の水道の処理方法についてのまとめ、活性炭処理の仕組みについて記載していきます。

井戸水を生活用水として使用する前にやっておきたいこと

田舎暮らしに憧れて、よい中古物件を見つけたが、水道水じゃなくて井戸水だった。水道管を家にひっぱるのにもお金がかかるし、井戸水を生活用水として使っていいか悩んでいませんか?もしくは、中古物件を購入したら、水道水じゃなくて井戸水だったという方や、もともと井戸水や山から流れる水で生活しているが、どうも水が原因で体調がすぐれない方、家に水道がなくて、水道工事がしたいけど近くに水道管がなくて困っている方。そういった方々のために、この記事では、用途や金銭面や安全面から様々な提案をしていこうと思います。

RO浄水器で純水ができるか試してみた。

RO浄水器を使って、純水をつくり、それをウンガー純水器に通して使用した方が、イオン交換樹脂の消耗を抑えられて長持ちします。 今回は、そのRO浄水器を購入し、透過水量や水質を測定し、レビューを行いました。

ウンガー純水器を長く使用する方法 おすすめ3選

ウンガー社のスポットレスカーウォッシュという洗車用の純水器の記事を以前に投稿しました。この記事では、純水を作る原理や純水を作れる量、保管方法について記事にしています。今回は、ウンガー純水器でより多く純水を作る方法を調査したので紹介していきます。

ウンガー純水器で純水ができる原理と採水量について

原理としては、イオン交換樹脂と呼ばれる小さいビーズのような樹脂が水道水の中に含まれるミネラル成分を捕集し、代わりにキレイな水を排出するというものです。元々は純水や超純水として半導体基板の洗浄やアドブルーの製造、純水の氷、ボイラーの復水なんかに使われています。

ウォーターサーバーは不必要?このポット型浄水器がすごい。

色々調べていて、個人的には水道水を十分沸騰させて飲めば安心で、ウォーターサーバーは必要ないんじゃないかなと思いました。また、都心部と田舎で比べた時に、浄水場の処理能力や水道配管のメンテナンスなどで人口の多い都心部は安全だと思いました。ただ、気になる方でウォーターサーバーは、サイズ大きいし、ちょっと高いと思っている人は、ポット型浄水器がいいと思ったので、下記に紹介します。

飲むシリカでわかる、商品は売り方が9割。

色々調べていたら、飲むシリカの凄さというか飲むシリカを販売している企業がすごいことが分かりました。人は見た目が9割、商品は売り方が9割と言われるようにメディア戦略やマーケティング戦略がしっかりしています。その辺を紹介していけたらと思います。

逆浸透膜(RO膜)の構造や原理、使用する際の注意点など解説します。

RO膜の構造が写真ではよくわからないので、模型を作ってみました。原理や使用する際の注意点なども解説します。

水道法と食品衛生法の違い、水質基準の比較をしてみた。

水道法と食品衛生法の適用範囲をわかりやすく図で表してみました。加えて、水質基準の違いについて比較しています。おまけで都道府県の水道料金ランキングを調べました。

水質汚濁防止法の違反例を紹介します。届け出が必要な条件がわかっていますか?

水質汚濁防止法違反は、直罰かつ両罰で結構重い刑罰となっています。違反しないように、水質汚濁防止法の届け出が必要な工場や施設の条件や違反したときの刑罰、判例について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました