2022-03

ウンガー純水器で純水ができる原理と採水量について

原理としては、イオン交換樹脂と呼ばれる小さいビーズのような樹脂が水道水の中に含まれるミネラル成分を捕集し、代わりにキレイな水を排出するというものです。元々は純水や超純水として半導体基板の洗浄やアドブルーの製造、純水の氷、ボイラーの復水なんかに使われています。

ウォーターサーバーは不必要?このポット型浄水器がすごい。

色々調べていて、個人的には水道水を十分沸騰させて飲めば安心で、ウォーターサーバーは必要ないんじゃないかなと思いました。また、都心部と田舎で比べた時に、浄水場の処理能力や水道配管のメンテナンスなどで人口の多い都心部は安全だと思いました。ただ、気になる方でウォーターサーバーは、サイズ大きいし、ちょっと高いと思っている人は、ポット型浄水器がいいと思ったので、下記に紹介します。
生活

ぎっくり首の治し方。ヨガでぎっくり首になってしまったが、荒療治で早く治った。

ある休日の朝、目が覚めて布団から起き上がり、普通に顔を洗い、髪を整え、身支度をしてから車を運転して会社に行きました。駐車場に車を止め、扉を開けて車を降りて数歩歩いたところで突然ビキッ!!と右首から全身を貫くような鋭い痛みがはしり、そこからしばらくは、首を動かすことも歩くこともまったくできず、かといって立っているだけでも痛いという状態で駐車場で立ち尽くしました。
SDGs

アンモニアと尿素、アドブルーについて解説

2021年の11月頃、韓国では尿素が不足してしまって、ディーゼルエンジンのトラックが動かせなくなって大問題でした。日本で尿素やアドブルーを製造している会社にも韓国からの電話がたくさんあったと思います。これは、オーストラリアと中国のいざこざで石炭が中国で不足してしまい、電力不足や尿素製造不足が起きて、韓国に輸出できなくなったからでした。アンモニアや尿素、アドブルーは、これからどんどん世界的に需要が増えていくでしょう。そこで、アンモニアや尿素の製造方法やアドブルーの製造や商標取得について解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました